わたくしが今近年のめりこんでいるコミック、それはラブ現況!だ。

9人の婦人が「塾アイドル」として成長して行くコミックだ。
こういうコミックは脚本は媒体内容本家でコミックが始まる前の知名度、前有名はあまり大きいものではありませんでした。
リリースするCDは思うように売れず、そのしている時でこつこつ推進を伸ばしてやっとのアニメ化でした。
実り、コミックは大成功におわり実績を成し遂げ業界μ’s大躍進が始まります。
これはコミックうちの主役の会話とキャストちゃんの生育がシンクロするものです。

アイドルコミックですが、こういう内容は熱い青春部活ドラマだ。
メイン人公の穂乃果が幼馴染2人を引き込み塾アイドル立ち上げ演習に励みます。そして、μ’sと名付けられます。

初の現況は場内0からの表紙という不運に終わります。そこで心からやりたいと窺える踊る楽しさに目覚めた3人は隊員を集め着々とミュージックを付け足し、最終的に9人の大神μ’sになぞらえた9人が集結します。いわゆる失敗からの実績でメジャー推進ですが、随所に感動するポイントが盛り込まれてありメンタリティを打たれます。
とんとん拍子ではなかったアニメ化前とコミックうちの主役が見事にシンクロして一層の高揚を呼びます。

こういう過程でいくつもの曲が出てきてページビューが広がるのですが現況ときの機動もミュージックもとてもクォリティが厳しく、引き込まれます。

集まった9人は切磋琢磨しどんどん成長して赴き、最終的に塾アイドルの甲子園とおっしゃる「ラブ現況!」で優勝し、3年生の修了によってその取り組みを終了することを決めます。終わりがあるからこそ良いということを実感させてくれるコミックだ。
これはコミックうちだけでなくキャストちゃんも紅白歌合戦に参加し、人失心頂の場合東京ドームで最後現況を大成功に収めた結果二状況と三状況が見事にリンクしてそれもまた大きな高揚を呼びました。

すでに「ラブ現況!」推進は終了してしまいましたが、次女分力作のラブライブサンシャインがTVされこれからも「ラブ現況」は盛り上がりを見せるでしょう。
おすすめなのがDCCというサプリです。